ノンアルカリ縮毛矯正(スピエラ・GMT)は何故酸性なのにしっかりお薬が働くのか??

こんにちは、

ノンアルカリ縮毛矯正研究家の塚由です。

 

以前の記事

 

 

では

 

大抵のパーマ液や縮毛矯正のお薬はアルカリ性で,

髪の毛を膨潤させてキューティクルを開けて

お薬を作用させていきます。

 

とゆうことで毛髪をアルカリ性に傾ける事で

膨潤させお薬を毛髪内部させると書きましたが、

 

ではどうやってノンアルカリ(スピエラ・GMT)は酸性で髪の毛を膨潤させずに

お薬を浸透させられるのでしょうか?

 

お薬の形状によるものです

 

それは、

 

実に平べったいのです。。。

 

 

紙のような形状をしているからこそ

膨潤していなくてもキューティクルの隙間から

スルリと毛髪内部に浸透していきます。

それによってダメージレスな縮毛矯正が完成します。

 

逆に一般的な縮毛矯正に用いられるお薬は丸っこい形状をしており

 

 

膨潤させてキューティクルを開かせないと

浸透はしていきません

 

 

大阪府 堺市 三国ヶ丘 の 美容室 ojiko. hair&happy

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町1−1 ブリリアントグリーン1F

TEL:072-249-7030

ネット予約でお得なセットメニューのクーポンはこちら

最新のヘアスタイルはこちら

お客様から頂いたありがたい口コミはこちら

月曜日もオープンしてます^^